製品情報

トップ > 製品情報

「えっ!これも紙?」硬くてしなやか、しかも軽い。木やプラスチックより丈夫な紙素材があることを知っていますか?

製品へのステップ

  • ニーズ

    例えば「効率のいい収納がしたい」「コストを下げたい」「新しい商品を作りたい」などお客様の要望をうかがい、具体的なプランを考えます。あらゆる業界に対応が可能です。

  • プレゼンテーション

    アイディアをお客様に提案し、検討していただきます。意見をうかがいながら改良が必要な点などあれば、速やかに対応します。

  • 試作品づくり

    機能面やコスト面はもちろんのこと、デザインの良さも重視しながらニーズに沿ったかたちで試作品を作成します。

  • モニタリング

    製品化する前には、実際に製品を使っていただき、使い勝手などを試すことが可能です。お客様が納得された段階で製品化に着手します。

  • 製品化

    効率的な生産システムと技術力で、安定した製品供給を実現します。

パスコ
パスコ

パスコはヨーロッパで開発された繊維ボード、1971年から日本でも作られるようになりました。古紙やバージンパルプが主原料で、強度や耐久性、成形性などプラスチックや木材、さらに鋼材などの長所を兼ね備え、さまざまな分野に応用が期待される素材です。安達紙器工業は、パスコの日本初上陸と同時にその加工を手掛け、さまざまな製品を送り出しています。

バルカナイズド・ファイバー
バルカナイズド・ファイバー

バルカナイズド・ファイバーは、100年以上の歴史と実績を持ち、木材パルプや綿を原料として作られています。優れた強度、耐久性、電機絶縁特性を持つと同時にその質感は、プラスチックや金属とも違うあたたかさ、懐かしさを感じさせ、工業部品からインテリアケースなど広範囲に利用されています。

段ボール
段ボール

安達紙器工業は、1951年からダンボールに携わり、現在、梱包材としての用途はもちろんのこと、新しい分野への応用にチャレンジしています。

↑ページの先頭へ戻る