製品情報

トップ > 製品情報 > 段ボール

ダンボール

段ボールは19世紀にイギリスで発明され、シルクハットの内側に使われたのが始まりといわれています。その後アメリカで、包装材として使われるようになりました。
安達紙器工業は、1951年からダンボールに携わり、現在、梱包材としての用途はもちろんのこと、新しい分野への応用にチャレンジしています。

包装用ケース

入れる内容に応じたさまざまなサイズ、厚さ、仕様をオーダーメイドで提供いたします。

包装用ケース
緩衝材

環境問題への意識の高まりから、緩衝材をダンボールに変える動きが高まっています。ケースと緩衝材が同素材ですので処理が大変楽になります。

緩衝材
その他

ダンボールを素材にさまざまなシーンで活躍する商品を提案しています。
災害時商品・家具・インテリ小物・工業材など。

その他

オーダーメイドのボックスをお創りします。
↑ページの先頭へ戻る